心と身体の健康増進をお手伝いします。

DSC_0388.JPG
 


大きな地図で見る

もっと正確に距離を測りたい方は、ここをクリックしてください。  ちょっと便利帳もクリックできます。

蒲原ヘルスケアは、静岡県保険鍼灸マッサージ師会の会員です。

ご自宅で医療マッサージを受けられます

医療保険が利用でき、費用も安価で安心です。 

 病名に関わらず、下記に該当する方が対象となります。

  • 麻痺もしくは関節が動かないなどの関節拘縮がある
  • 歩行困難または寝たきりである
  • マッサージが必要だと判断した主治医から施術同意書をもらえること

※上記症状に類似する方は、ご相談ください。

治療費について

治療費は、施術内容の単価×施術部位の数+往療料金となっています。 医療保険が適用されますので、健康保険の自己負担率が1割の方は、合計金額の1割の額が実際にお支払いいただく治療費となります。

  • 保険療養費支給申請の取り扱いで、医師の指示及び病状に適した回数の治療が受けられます。
  • 治療費は、施術料金と往診料込みの金額となります(別途費用はかかりません)
  • 身体障害者手帳をお持ちの方は、助成制度が受けられます。
    ※市区町村によって、助成を受けられる障害者等級数に多少の違いがあります。

 

◆下記1~4の項目を合算した金額の、健康保険における自己負担率分をお支払いください。

 

内容 単価
1.マッサージ 1局所:260円
2.温罨法を併施 1回:70円
3.変形徒手矯正術 1肢:535円
4.往療料 片道2kmまで1,860円。
以降2km増えるごとに800円加算(8km以上は一律2,400円加算)

マッサージを行った場合

対象は全5部位です。躯幹(頭及び胴体)、左上肢、右上肢、左下肢、右下肢。
1局所:260円


温罨法(おんあんぽう)を併施した場合

患部を温めて新陳代謝を活性化させながらマッサージをする方法です。
1回:70円


変形徒手矯正術を行った場合

対象は全4部位です。左上肢、右上肢、左下肢、右下肢。
1肢:535円

※変形徒手矯正術とは:症病にあった軽い運動療法です。


往療料

片道2kmまでの料金を基本とし、それを超える場合は距離ごとに一定額が加算されます。
片道2kmまで:1,860円

 


 

事例

 

●患者様の状態:
→脳梗塞後遺症により右片麻痺があり、歩行が困難。

●症状のある部位:
→右肩関節及び膝関節に拘縮

●往療の距離:
→2km

●施術の内容:
→全身マッサージ(躯幹、左上肢、右上肢、左下肢、右下肢)
拘縮した各関節への運動治療

1.マッサージ260円  ×1局所 =  260円
3.変形徒手矯正術535円×4肢  =2,140円
4.往療料2km          =1,860円
------------------------------------------
合計               =4,260円

健康保険の自己負担率が1割の方は、426円となります。



キャプチャ.PNG 

蒲原ヘルスケアが施術を行っている患者様の傷病名例

 

分類 傷病名 症状または状態
脳血管障害の後遺症
  • 脳梗塞
    脳血栓症、脳塞栓症、ラクナ梗塞、一過性脳虚血
  • 脳出血
    脳内出血、クモ膜下出血、慢性硬膜下出血
  • その他脳血管障害
    高血圧症脳症、脳動脈瘤、脳動静脈奇形
疼通、痺れ、むくみ、運動機能障害、関節の可動域制限
特定疾患(難病)
  • ALS(筋萎縮性側索硬化症)
  • パーキンソン病
  • 脊髄小脳変性症
  • 関節リュウマチ など
疼通、痺れ、むくみ、運動機能障害、関節の可動域制限
骨折の後遺症
  • 大腿骨頸部骨折
  • 橈骨(とうこつ)下端骨折
  • 上腕骨外科頸部骨折
  • 腰椎圧迫骨折 など
疼通、痺れ、むくみ、運動機能障害、関節の可動域制限
その他
  • 腰痛症
  • 脳性小児麻痺
  • 変形性関節症(腰・肩・膝)など
疼通、痺れ、むくみ、運動機能障害、関節の可動域制限

 

 

新着情報、その他お知らせ。

もっと見る

保険適用となる疾患名、症状

マッサージは、どのような疾患だと同意がもらえますか?

症状としては、筋麻痺・関節拘縮・筋固縮・筋萎縮・運動機能障害・四肢筋力低下です。病名では脳疾患障害後遺症・脳梗塞後遺症・脳出血後遺症・パーキンソン病・多発性脳梗塞・バージャー病・筋ジストロフィー・ニューロバチー・変形性腰痛症・変形性膝関節症・変形性脊椎症・慢性関節リウマチ・多発性関節リウマチ・腰椎椎間板ヘルニア・脳性麻痺・頚髄損傷・頸椎損傷・四肢体幹機能障害・脊椎管狭窄症・四肢筋萎縮・大脳皮質萎縮・末梢神経障害・脊髄小脳変性症・サルコイドーシス・多発性筋炎・ギランバレー症候群・神経原性萎縮症・筋萎縮性側索硬化症・全身廃用症候群・上下肢筋肉廃用性萎縮・閉塞性動脈硬化症・長期透析合併症による骨関節障害等が有ります。めずらしいものでは、レット症候群と言う遺伝子異常による筋弛緩の症状で同意をいただいたことがあります。 

お問い合わせは 電話工事中